Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色彩心理学の資格と通信講座

色彩心理学に興味あるから勉強をしてみたいけど、近くに学校がない、または子育てや本業が忙しくて学校に行く暇がないと諦めている方も多いのではないでしょうか。
最近は通信講座でも色彩心理学が学べるようになったそうです。
しかし、色彩心理学を通信講座でどういう風に勉強していくのでしょうか。

講座の内容は、カラーヒーリングシステムを使用して、自分自身をより深く理解しながら、カラーセラピーのための基礎知識を習得できるそうです。
基礎編ではカラーヒーリングを行うためのカウンセリングスキルも習得できますし、自分のコミュニケーションパターンを心理テストを使って知ることができます。

実践講座の「カラーヒーリング・アドバイザー養成通信講座」に進むことができ、毎月じっくりと、そして楽しみながら自分に向き合いつつカラーヒーリング・色の知識・アドバイザーに必要なカウンセリング力やコミュニケーション力が習得できるそうです。
また、テキストは月に1回で合計3回、ご自宅に届けられることが多いそうです。



ネイル資格は通信講座で


ネイルアートの流行で人気が高まっているのが、ネイルアーティストの資格です。

ネイルの仕事は美容に関するものだけではなく、手や足のマッサージ、かかとなどの角質の手入れ、
手・指の健康のためのアドバイスなども、大切なネイリストのワークとなります。

国家資格はいりませんが、確かな技術をつけていること、センスを持っていることが、
ネイルアーティストのポイントでしょう。

プロを目指すにはまずネイルアーティストの通信講座・通信教育で学び、
基礎を固めてから、ネイリスト技能検定試験合格を目指しましょう。

その後、美容サロンなどに就職して、実務経験を積むのがベストとなります。
とにかく、ネイルアーティストの資格取得講座を選んだからには、ぜひ資格を取得するまで頑張ってもらいたいです。

同じように資格を目指す人が多く集まってきますから、ライバルにもなります。
ぜひ資格取得して自信もつけてください。

女性におすすめしたい資格と通信講座

・女性におすすめしたい資格と通信講座

資格取得の為に学校に通う時間が無いと言う方には、
通信講座はとてもおすすめの学習方法だと思います。

特に女性の場合は女性ならではの性質を活かして、
資格も取得すれば良いと思うのです。

女性が結婚や出産をしても、
将来に役立つ様な通信講座をご紹介します。

医療事務もいいと思います。
医療事務は、医療機関での事務として働く事が出来る資格です。
医療機関は特殊ですから知識も必要になります。

医療事務の資格を持っていると働きやすいです。
結婚しても出産しても、再就職に有利に働きますので、
女性にはおすすめの資格と言えます。

「関連記事」
 ・ネイル資格は通信講座で

建築模型製作者の資格とは

建築模型製作者の資格とは、住宅やビルなどを建てるときの設計・計画に欠かせない、
建築模型です。
縮尺版である模型は、施主に完成イメージを効果的に伝えるために、とても有効です。

ところが現状は、設計事務所・建築事務所・工務店などでは、
技能者の確保が、重要な課題となっているのです。

建築模型製作者の資格を取得するには、通信教育などの養成コース、
「建築模型の資格はがくぶん」で取得する方法が人気となっています。

就職先は、住宅メーカー、建築・設計事務所、工務店などで、求人募集情報にはよくチェックをしましょう。
技能UPすれば、設計事務所などと契約し、在宅で仕事をこなす事も可能になるでしょう。
家事と子育ての合間の時間を利用して、この仕事で副収入を得ている主婦も少なくなく、
人気が高い資格です。

では、建築模型製作者の資格に向いているタイプをみていきますと、
基本的にはモノ作りが好きな人です。
手先が器用で、納期をしっかり守れる責任感の強い人がいいでしょう。

「関連記事」
 ・ネイルの資格は通信講座で

臨床心理士の資格試験

臨床心理士資格試験の合格率は60%台で、相当難関だと思っている人は少なくありません。
でも、受験資格のある大学院毎の合格率では、結構、差があると言われています。

合格率を一部では、公表している大学院もあります。
平均が60%台ですから、どうなんでしょう、良い大学とその反対の大学もあるということでしょうか。
もちろん、教える内容に、大学院での大差はないでしょう。

したがって、臨床心理士を目指している学生の、意気込みの差なのかもしれません。
自分が臨床心理士になって、悩んでいる人を助けたいと思っている人は、資格試験など難なく合格してしまうことでしょう。

美容師の資格試験と専門学校

美容師になりたいのであれば、厚生労働大臣つまり国が定めた、美容師を養成する施設において勉強することが必要です。
美容師を目指している人ならば、美容師を養成する専門学校への進学をおすすめします。

美容師の資格試験には学科と実技があります。
この二つ共に合格することで、美容師の免許を取得することができるのです。

さて美容師に向いている人は、どのような人でしょうか。
美容師に一番求められるものは、社交性とエチケットのある人です。
美容師は接客業ですよね。

そのためお客さんに対するマナーや接客エチケット、そして社交性がたいへん重要になる職業です。
技術に関しては、基本の反復練習を根気強くすることが大事です。
手先の器用さについてはそれほど関係ありません。

当然手先が器用な人の方が、要領よくこなしていくとは思いますが、練習次第で器用ではない人もできるようになります。
何よりも美容師になりたい、という気持ちが重要なのです。

ビジネス系 簿記・会計の資格試験

基本的に企業サイドから要求されるのは、パソコンスキル、英語のコミュニケーション能力、簿記・会計に関する知識でしょう。
今回は、そのなかで簿記・会計に関して見ていきましょう。

簿記・会計の知識に関しては、日商簿記検定の2級以上の資格試験を受け合格しておくと、就職や転職の際にも有利となるでしょう。
簿記を理解できれば、企業の経営についても理解できるようになるので、ビジネスパーソンとしては、必須資格となるでしょう。

また、その他の、スタンダードなビジネス系公的資格としては、ビジネス能力検定試験(B検)、秘書技能検定などがあります。

これらは、総合的かつ基本的な、ビジネスマンとしての力量を測る目安となるものと言えるでしょう。
最近では、ビジネス実務法務検定試験という、法律実務知識を問う検定試験も人気が高まってきています。

ビジネス系資格といっても、いろいろなものがありますが、宣伝や流行に惑わされず、目的に合致した資格試験に挑んでいただきたいものですね。

介護福祉士の資格を取ろう

福祉分野での就職を希望する場合に取得しておきたい資格が介護福祉士です。
介護福祉士はケアワーカーとも呼ばれ、高齢化社会を迎え、福祉の分野での求人が増えてきていると同時に、福祉の仕事に興味を持つ人も多くなってきているようです。

介護福祉士として働く場は、老人ホームや障害者施設、リハビリテーションセンターや、病院などの医療機関などです。現在、福祉施設で仕事をしながら介護福祉士の資格取得を目指している人も多くいますが、実際には資格取得が手当てアップになかなかつながっていないという実情もあるようです。
しかし現在の高齢化社会を考えると、将来性の高い資格であることは間違いないでしょう。

介護福祉士の資格を取得するためには、福祉系高校を卒業あるいは介護業務を3年以上経験して国家試験を受けるか、介護福祉士養成施設を卒業するか、の二通りの方法があります。
筆記試験の後に実技試験が行なわれ、合格率は45パーセント前後となっています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。